工夫して動画を作ろう

短くしてみよう

編集に慣れてきたら、動画をカットすることを覚えましょう。
長すぎる動画では、観覧者が飽きてしまうことが考えられます。
身近動画をSNSに投稿することで、楽しんでもらえるでしょう。
カットするのも、専用のアプリでできます。

基本的な使い方はどのアプリでも同じです。
まずはカットしたい部分にポイントを合わせてください。
あとはボタンを押すだけで良いので、思っているよりも簡単です。
一応撮影してみたけれど、必要ないと思った部分はカットしてください。
最後に自分で見直しすると、不自然な流れになっていないか確認できます。
カットしすぎると話の内容が繋がらなくなるので注意してください。
こまめに保存していれば、失敗してもやり直せます。

動画を繋げよう

2つの動画を、1つに繋げることができます。
ですが普通に繋ぐと、唐突に2個目の動画が始まるので見ている人は何が起こったのか分からなくなります。
動画の間に何かを挟むことによって、切り替わることを観覧者に伝えられます。

動画を繋ぎたい時に便利なアプリがあって、それを使えば自然な形で2個目の動画に進みます。
繋ぎ目に使う何かを自分で作ることができれば、アプリを頼る必要がありません。
簡単なイラストや文字で、次に何が始まるのか伝える方法もあります。
短すぎる動画は、何個かを組み合わせて1つの動画にした方が良いです。
面白い動画が何個も連続していると、観覧者が飽きずに楽しめます。
最初は繋げる作業が難しいので、ゆっくり進めましょう。